お口の健康について、セントラル歯科 矯正歯科クリニックになんでもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

お子さま(成長期)の治療について

成長期の矯正治療のことを、矯正歯科では「第1期治療」と呼びます。

小学生から、中学生の前半に行う治療です。
この時期の治療では、歯並びのガタガタをきれいにしてあげることが目的ではなく、「上あごと下あごのバランスを整えてあげる」ことが最も大事です。

あごの大きさには、遺伝や環境によるものなど、さまざまな要因が関連します。また、現代のお子様は、「歯」の大きさは栄養が充実しているため大きく、一方「あご」はどんどん退化して小さい傾向にあります。

なので、「歯」の大きさに対して「あご」の大きさのバランスが取れず、歯が並び切れなくなってくるのです。

お子様のころから歯並びの土台である「あご」の成長をバランスの良い方向に誘導してあげることで、この後の「仕上げの治療」を行いやすくなります。

また、歯並びのチェックと同時に、虫歯のチェックや歯みがきの練習などを行い、健康な成長をお手伝いします。

 

おとなの矯正治療

矯正治療の流れと料金

当院の矯正治療がおススメな理由

 

 
 
初心者ホームページ作成