お口の健康について、セントラル歯科 矯正歯科クリニックになんでもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

当院ではお子様の歯並び治療はもちろんのこと、
大人の方の矯正治療も積極的に行っています。
多くの方が笑顔になれるよう、精いっぱいお手伝いいたします。

矯正治療をすると何がいいの?

欧米諸国と比べて矯正治療に対する認識が遅れている日本ですが、最近はテレビに出るような有名人が堂々と矯正をしていたり、その認知と需要は年々高まっていると感じます。
歯並びを整えると、どんな良いことがあるのか一部ご紹介します。

1、虫歯や歯周病の予防になります

 まず、ガタガタの歯並びと比べて、歯並びがまっすぐだと歯磨きのしやすさは格段に良くなります。
よって、歯や歯周病の予防になります。日本では、お子様の虫歯予防には積極的ですが、歯周病についての認識はまだまだ非常に遅れていると感じます。
しかしながら、
歯を失う原因の一位は、虫歯ではなく歯周病なのです。
歯並びを整えることで、歯磨きがしやすくなるのはもちろん、歯の周りの歯周組織もキレイに整いますので、歯周病の進行を予防することができます。

2、咀嚼能率が上がり、食事がおいしくなります

食べ物をきちんと咬み砕ける「咀嚼能率」にも、歯並びは重要な因子です。歯並びが悪いと、自分では気が付かない内に、どこか一部の歯に負担がかかっていることがあります。そうすると、負担の大きい歯の寿命は縮まります。
また、きちんと食べ物を咀嚼する力は、人の健康寿命に大きく関わっています。生涯自分の力でおいしく食事をしていただくために、多くの歯をきれいに残すお手伝いができることは、矯正治療のメリットです。

3、笑顔の印象が良くなります

普段あまり意識しませんが、人の顔の中で目線の集まるところは「目」と「口元」です。その第一位は、日本では「目」ですが欧米では「口元」と言われています。にこっと笑った時に、歯並びが整っていると、知的で誠実な印象を受けます。日本では、笑う時に口元を手で隠す人が多いですよね。それは無意識に歯を隠そうとしているように私には見えます。歯を見せた笑顔に自信が持てると、人との会話も楽しくなり、好感度も上がります。

また、歯並びを整えることで横顔がきれいになります。横顔で、鼻のてっぺんとオトガイを結んだ線をE-lineと言いますが、東洋人は理想的には上唇がそのライン上、下唇がライン上かわずかに前方が美しいと言われています。矯正治療をすると、正面からの歯並びがまっすぐになるだけでなく、このE-lineも整います。

 

4、口呼吸を防ぐことができます

無意識に口が開いてしまい、口で多く呼吸してしまうことを悩んでいらっしゃる方も多いですが、これには歯並びが関係していることが多々あります。口唇の軟組織に対して、歯が前方に位置していると、お口を閉じるのにかなり意識的に口唇をすぼめなければいけないからです。矯正治療をすることで、前歯の位置を後方に下げ、口呼吸を防ぐことができます。
また、歯が正しい位置に、正しい角度で存在することで、笑った時に口角がきれいに上がったり、歯茎のラインも美しくなります。

 

さまざまな不正咬合

ひと言で「歯並びが悪い」と言っても、本当はさまざまな不正咬合のパターンがあります。

一見、歯並びはまっすぐでも、上あごが前に出ている「出っ歯」だったり、

下あごが前に出ている「受け口」だったり・・・。

全体的に歯が前方に位置していて、唇が閉じにくい「上下顎前突」は、日本ではあまり知られていません。

他にも、かみ合わせの深い「過蓋咬合」、口を閉じても上下の歯が咬み合わない「開咬」

奥歯がすれ違ってしまう「鋏状咬合」

などなど、実は知られていないものがたくさんあります。

ご本人や、ご両親が気付いていないトラブルが潜んでいる可能性もあるのです。

 

興味のある方は、ぜひ一度無料相談にお越しください

 

矯正治療について興味が出てきた方は、さらに続きをご覧ください→→→

こどもの矯正治療

おとなの矯正治療

矯正治療の流れと料金

当院の矯正治療がおススメな理由
 

 

 

 
 
初心者ホームページ作成