お口の健康について、セントラル歯科 矯正歯科クリニックになんでもご相談ください。

 

 
 
 
 
 

タービン・エンジンの滅菌について

 
当院では、歯や補綴物(被せ物や、入れ歯など)を削る
タービンやエンジンと呼ばれる器具も患者さん毎に滅菌したものを使用しています。
 
そのために導入しているのがシロナ社のDACシステムという滅菌機です。
 
 
 
 
タービンやエンジンは、歯などを削るバーを高速回転させる、
歯科医院では欠かせない道具です。
軸が少しでもぶれたりすると使い物にならないため、すごく繊細なものです。
通常の高圧蒸気滅菌機でも滅菌は可能ですが、
寿命がすぐ縮まってしまうという欠点があります。
しかも、このタービン・エンジンは滅菌の他にも注油をして空回しする、という
別のメインテナンスも毎度必要で、すっごく手がかかるのです。
 
 
寿命が短い消耗品、と割り切れればもちろん話は簡単なのですが、
これ一本一本がすごく高価で、そう簡単に割り切れないのです(^_^;)
 
なので、滅菌せずにいる歯科医院も多く存在します。
 
しかし、当院は患者さん毎にきちんと清潔な器具を使いたい、
というこだわりがあるため、タービン・エンジンの寿命を縮めずに、
滅菌するには何を導入するか、ということをずっと検討してきました。
 
その結果、たどり着いたのがこのDACシステムです。
 
滅菌の仕組みは高圧蒸気滅菌なのですが、この機械のすごいところは
洗浄→注油・空回し→滅菌→乾燥の工程をすべて全自動で行ってくれるのです。
 
注油・空回しを人の手で行った時の「ムラ」や、滅菌後の乾燥過程で
タービン・エンジンの寿命が縮まると言われているため、
これが全自動で最適に行われることで、長持ちすることになるのです。
 
どうぞ、安心して通院ください。
 

当院のお待たせしない予約システムについて

国家資格を持ったスタッフによる診察

 

 
 
 
初心者ホームページ作成